AMUNATCOLL dabase 01

最新バージョン Test Organization #1 によって公開 May 25, 2020 Test Organization #1

ANC database content

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、9 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 9 レコード Polish で (5 KB) - 更新頻度: weekly
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード Polish で (4 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード Polish で (5 KB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Lawenda M (2020): AMUNATCOLL dabase 01. v1.0. Test Organization #1. Dataset/Occurrence. https://doi.org/10.21374/pm519s

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Test Organization #1。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution Non Commercial (CC-BY-NC) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: ccd3be99-d975-475e-9aa6-b714f1202ddbが割り当てられています。   GBIF Secretariat によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているTest Organization #1 が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; Observation

連絡先

リソースを作成した人:

Marcin Lawenda
Analyst
PSNC PL

リソースに関する質問に答えることができる人:

Marcin Lawenda
Analyst
PSNC PL

メタデータを記載した人:

Marcin Lawenda
Analyst

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ利用者
Marcin Lawenda

地理的範囲

Data covering the area of Poland

座標(緯度経度) 南 西 [48.922, 13.975], 北 東 [55.053, 24.302]

プロジェクトデータ

説明がありません

タイトル AMUNATCOLL

プロジェクトに携わる要員:

データ公開者
Marcin Lawenda

追加のメタデータ

代替識別子 10.21374/pm519s
https://ipt.gbif.org/resource?r=anc_test_001